1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 災害対策 >
  4. できることはしておく

できることはしておく

西日本の地震や洪水で犠牲になった方々と動物たちのご冥福をお祈りします。
そしてこのたび被害に遭われた方々に一日でも早く日常が戻ることを願います。


暑かったり、寒かったり・・・
雨だったり、災害だったり・・・
カラツユと言われていましたが、しっぺ返しのような大雨。
そして水害。
被害も大きくなりこれからの将来にも不安が募ります。
山形は災害に疎い(関心が小さい)と言われていますが、何が起こるかわからないということを自覚しなければなりませんね。

動物を飼っていらっしゃる方々もいろんなシチュエーションを想像してみるのがいいと思います。
動物を連れての避難は不便や不都合がつきものになります。
いざというときに動くために少しでも段取りを確認したり備えたりしておくことが必要です。

我が家の場合、防災グッズは家の中と車の中に常備しています。
でも家のは取り出しにくい場所に入っているので改善せねば…

そしてうちのわんこは今のところ病気がないので非常時にはどんなフードでも食べていいかなと思ってストックは少なめ。
猫もいますがこちらは腎臓病を患っている子がいるのでストックは多めにしなければ。
常備薬はあちこちに置いてあるから良くないな・・・
そもそも犬は一緒に家を出られるけど、猫は永遠の課題。
自宅が損傷しない場合は連れ出すことよりも危険がないように注意して家に置いていったほうがいいかな、などなど。
考えれば考えるほどきりがないのが、「想像して備える」の簡単じゃないところですよね。
でも考えることを避けてはいられません。
考えて実行せねば。

災害が起こってしまったら、初期はまず自助(自分の身は自分で守る)が基本。
そしてまずは命を守るために早い段階での避難の決断を。


RSS