1. HOME >
  2. プロフィール >
  3. 略歴

略歴

20歳代前半、一般企業に勤務する傍ら家庭犬しつけインストラクターの勉強を始める。その後もJAHAインストラクター養成講座を中心にさまざまなセミナーへの参加を重ねつつ、動物病院で診療補助やしつけの相談窓口としての経験を積む。

30歳代は自分の考えや経験をもっと広く普及させるようなことがしたいと考え、新潟市内のペットビジネス系専門学校に転職。専門学校では動物看護としつけやトレーニング及び動物の日常管理を専門とし、その他クラス担任や就職指導にも携わる。いくどか海外研修に参加する機会もあり欧米と日本の違いや進んだ知識や習慣などにも直に触れ貴重な経験を得る。その他新潟市内にて動物関連イベントや行政のしつけ方教室などにスタッフとして参加。

独立を決意し退職するのと同時期に東日本大震災が起き、かねてから親交があった被災地の獣医師の勧めで獣医師会が運営する被災動物保護施設で約9か月間、運営と日常業務に携わる。

2012年より、出身地の山形で活動を開始。
現在は犬のしつけ方教室を中心に、看護や介護、ペット防災についても活動中。